killarahanakoのブログ

43歳からはじめた不妊治療!47歳で超高齢出産しました!愛犬ハナコのこと、日々の生活を不妊治療当時を振返りながら綴っています。

一年前の今日。

f:id:killarahanako:20190530230039j:plain

 

今日は新天皇の「即位の礼」。

 

朝から冷たい雨でお天気は残念だったけど、パレードが延期になったのは結果としてよかったのかも?

 

祝日になったと聞いたのはつい最近、、世の中の流れに取り残されている感、満載(;'∀')

 

夫がなかなか起きてこない??と思ったらそっか、今日はお休み、、、と

当日になっても祝日になったとこがピンと来ていなかった。

 

夫が一日家にいるのかと思うと正直ぞっとする、、その理由は近日中に日記に書かせていただきます!!!

 

さてさて、今日、10/22は私にとって特別な日

一年前の今日、Shinjuku ART Clinicで「最後の移植」をした日なのです。

 

www.shinjukuart.com

 

 

その時のことを書いた日記がこちら↓

 

www.killarahanako.com

 

以下、当日に関する記載を抜粋。

___________________________________

 

2018年10月22日 Shinjuku ART Clinic 移植 D19

 

9:00 受付

 

 

9:14 採血

 

<ホルモン値チェック>

E2------38

LH------11.3

P4------9.1

 

 

10:22 診察室

 

移植の流れ、確認

 

 

12:17 問診室

 

移植する分割胚について説明を受ける。

 

採卵日:6/24

凍結日:6/26

分割数:4分割

グレード:3

※グレード3は割玉の大きさが不均等で、わずかにフラグメントを認める胚

妊娠率は28.1%

 

 

13:14 ナースセンター

 

昼食を済ませてから、ナースセンターへ

更衣室→ベッドへ

 

また患者さん用のノートを読む。

読みながら、がポロリ。

 

このベッドに横になるのはもう最後かも?

どういう形での最後かはわからないけど。。。

 

ちょっとウトウトしかかる。

 

順番が来て施術室へ

 

名前、生年月日の確認、体重測定と続き、施術台へ。

カテーテルに受精卵が吸い込まれ、挿入、子宮へ移植が行われた。

 

移植が終わり、ベッドへ戻るときに担当の阿部医院長先生が「着床しますように!」と優しい声で、目を見て言われた。

 

じーん、と来る。

 

本当に、着床しますように。

 

30分ほど、ベッドで横になってから、着替える。

 

ルティナス膣錠を10日分処方される。

時間もきっちり決められ12時間おきに一日2回!

 

次回診察は、「判定日」の11/1

早速、予約を入れる。

 

 

14:46 会計

 

108,000

___________________________________

 

と、振返っていた

 

この日は今日と違って朝から天気が良く、今日ほど気温も低くなかった。

 

前日受けた試験、絶不調でほとんどまともに回答できなかったので、却ってあきらめがつき、よく眠れたせいか、穏やかな気持ちでこの日を迎えたように記憶している。

 

8時ちょうどの松戸発の常磐線に乗って、日暮里で山手線に乗り換え、新宿で下車。

 

新宿駅西口の改札を抜け、GOVIDAの横を通り、右手にあるエスカレータに乗る。

中地下1Fの三菱UFJのATMに寄り、現金を下ろし、地上階へ。

 

小田急ハルクの前を通り、横断歩道を渡り、新宿エルタワー新生銀行に併設されているタリーズの角を右に曲がって、そこからまっすぐ道なりに歩いていく。

 

五右衛門新宿アイランド店まで来たら、横断歩道を渡り、ヒルトンと東京医科大学病院の間の道を抜け、突き当り、新宿オークシティ、タリーズ前にあるエスカレーターで3Fへ上る、、

 

そんなルートでいつも通ていた。

 

いつも、「今日が最後かも」なんて思いながら。

 

帰りも同じルートで新宿駅へたどり着き、山手線のホームへ。

 

ただ、この日は少し違っていた

 

平日の15時過ぎでも結構人が多いなぁ、、なんてホームで並びながらぼんやりしていたら、ちょうど私の斜め前何だか見たことがある後ろ姿が目に飛び込んできた。

 

誰だろう?知っている人に間違いはないのだけど、、、

 

色々と記憶を巡らせているところへ電車が到着、扉が開いた。

列にならんでいた人たちが扉の中、車両へと吸い込まれていく。

 

その時、その人の横顔がちらっと見えた。

 

あ、、、

 

見覚えのあるその人は、もう二度と会うことがないだろうと思っていた人だった。

 

え、、、

 

最後に会ったのは7年前

まさか日本に帰ってきているとは、、、

まさか東京で仕事をしているとは、、、

きっと東京に住んでいるんだろうな。

 

きっと、私の住んでいた目黒、うちの実家のある松戸を避けたエリアに住んでいるんだろうな。

 

左手の薬指に指輪を確認。

 

そうか、再婚したんだね。

 

相変わらず、おしゃれなスーツを着て、バリっと決めて、やっぱりバックはTUMIですか(笑)

 

少し、太ったかな?

お元気そうで何より。

 

あ、こっちを向いた。

思わず、背中を向ける。

 

そう言えば、今日は朝からノーメイク

移植の日だから当然!

でも、終わってもそのまま、ノーメイク

 

誰に会うわけでもないから、、、って遭遇しちゃったじゃないか!!!!!(゚Д゚;)

 

と、思っていたら、高田馬場駅でその人は降りていった。

この間、5分間

 

この5分間が長かったのか短かったのか???

 

あー驚いた

 

いつもと少し違うどころか、この話を友人にしたらとても驚かれ、「キララ、何か持っているね。。というか、キョロミ健在だね」と言われた。

 

キョロミ→ キョロキョロしている?せいか、よく色々な人、芸能人、有名人や詩人友人に遭遇するのでこんなあだ名をつけられた(笑)

 

 

この遭遇のおかげで、気分転換ができたし、より何かが吹っ切れた感がある。

一年経った今も、この日の驚きは鮮明に記憶に残っている。

 

一年後の今日、朝4時に授乳のため起きて、おっぱいを吸わせている。

もし、移植の日が一日でもずれていたら?

もし、びっくりな遭遇がなかったら?

 

そんなことを思いながら、今日この日を過ごしている。

 

来年の今日はどんなことをしているのか????

 

さて、冒頭の画像のコウノトリキティ

以前勤めていた会社の後輩女子にもらいました。

代々受け継がれていて、持っていた人みなさん良い結果になったと、、、。

 

頂いたとき、ちょっと重いなぁ、、と思っていたけれど、もらって3年、くちばしが取れちゃった! 縁起悪いなぁ、、、なんて思ていたらこんな記事があった。

https://matome.naver.jp/odai/2144058008661675001

 

matome.naver.jp

 

縁起が悪いどころか!!!

ジンクスを知らなかったので後でこんな記事を見つけてびっくり Σ(゚Д゚) !

 

さぁ、このジンクス、信じるか信じないかはあなた次第