killarahanakoのブログ

43歳からはじめた不妊治療!47歳で超高齢出産しました!愛犬ハナコのこと、日々の生活を不妊治療当時を振返りながら綴っています。

35wd5  母親学級 ~帝王切開編~

f:id:killarahanako:20190613190041j:plain

 

今日は梅雨の晴れ間

日差しは強いけど、さほど湿度もなく、外出するにはもってこいの日。

病院主催の「母親学級(帝王切開編)」に参加してきた。

 

そういえば、先日、担当医に「雨の日は、お腹が張りやすいけど、どうですか?

と聞かれた。

 

以前にも書かせてもらったが、私自身あまりお腹が張らないので、雨の日だから、ということでお腹の張りを実感したことはないが、天気と関係があるのだろうか

 

ネットで調べてみると、「雨の日」「台風」にお腹が張るという経験をしている人が結構いるようだ。

 

私が調べてみたところ、残念ながら、「根拠がない」とされているようだが、天気と体調の関係から、一因になる「可能性がある」と考えられているそうだ。

 

toyokeizai.net

 

上記、東洋経済オンラインの記事によると、天気と体調について関係があり気圧が変化すると人間の体はストレスを感じるため、それに抵抗しようとして自律神経が活性化されることに原因があるようだ。

 

「 自律神経系には、交感神経と副交感神経があり、交感神経は血管を収縮させ、心拍数を上げて体を興奮させる働きがあります。一方、副交感神経は血管を広げて体をリラックスさせる働きがあります。この交感神経と副交感神経の調整がうまくいかないと、さまざまな体調不良の原因となってしまう」とある。

 

ということは、「妊娠後期」だから、というよりも、気圧で体調不良になる方が妊婦となった時に、お腹の張りにつながったり、時に陣痛を促したりすることがある、ということにつながる、というようだ。

 

私は、基本鈍感な人間なので、余り気圧で体調が悪くなる、というのを自覚したことはないが、以前勤めていた会社では体調を崩す人がいたので、そういうことはあるんだろうな、、、と思う。

 

また、「満月の日」に妊娠しやすい、出産しやすいとか、、、そういった神秘的な自然界のリズム」というのもあるのかもしれない。

 

 

さて、時間となり、母親学級・帝王切開編が始まった。

 

参加者は20名。

講師は産科病棟の助産師さん2名。

2名とも切迫早産での入院時にお世話になった助産師さんで、パジャマ以外の姿でお目にかかるのが逆に照れ臭い感じ(笑)

 

まずは、参加者の自己紹介

 

・名前

・予定日

帝王切開にした(なった)理由

・初産婦OR経産婦

帝王切開に対する思い

 

「じゃぁ、キララさんから」、と指名されてしまい、私からスタートした。

 

キララと申します。よろしくお願いします。

元々の出産予定日は7/13でしたが、帝王切開することになり、出産日は7/2になりました。当初、逆子との診断で、帝王切開を仮予約していましたが、逆子は鍼治療で治ったものの、大き目な赤ちゃんであることと、私自身が超高齢なので、先生と相談の結果、赤ちゃんの苦痛が少ない帝王切開にすることにしました。

麻酔とか、怖いですが、赤ちゃんのためにしてあげられることなので頑張ります

 

まぁまぁな自己紹介だったと自画自賛(;'∀')

でも、「超高齢」を誰も否定する感じじゃなかったー。(笑)・・・仕方ないか(-_-;)。

 

ほかの参加者の自己紹介を聞くと、なんと4人目、とか3人目とか、、そんな若い身空で!(おばちゃん(私)びっくりよ!)

 

前置胎盤なので、、、

双子なので、、

前回、50時間陣痛があってもなかなか、出てこなかったので緊急帝王切開したので、、

 

など、怖い話もあり、それぞれの自己紹介を聞きながら目を見開いたり顔をしかめたり反応に忙しい時間だった。

 

帝王切開入院のスケジュール

・当日の流れ

・入院生活について(いつから赤ちゃんと当日になるか、食事ができる、シャワー可能か)

・面会について

・授乳・沐浴について

・入院準備について

 

こんな感じで説明があり、約2時間経過。

最後に手術室と病室の見学となった。

 

「キララさんは病室はいいよね!」と言われ、手術室のみ見学し、終了した。

 

印象に残っているのは「帝王切開も立派な出産です!前向きにとらえましょう!」と助産師さんが繰り返し言っていたこと。

 

そもそも、「帝王切開は出産じゃない」って思っている人いるのかな?

古い世代の人はそうかもしれないけれど、今じゃ「自然分娩」、「無痛分娩」、「帝王切開」と選択できるのに。

 

どの出産方法をとっても、お母さん・赤ちゃんにとって「命がけ」なハズ。

 

怖いけど、怖いけど、怖いけど(3回も「怖い」って言うなって感じ?)、自然分娩だって、いつ破水して、陣痛が来るかわからない、何時間かかるかわからない、もしかしたらスピード出産とかあるかもしれないけど、私にとっては「怖い」は同じだから。

 

あとは、帝王切開より前に破水しないことを祈るのみ

 

ビビりつつ、頑張ります

 

因みに、逆子の件、いつも通っているメープル鍼灸治療院で治してもらいました。

 

5/24の健診で「逆子」と診断

5/28メープル鍼灸治療院逆子治療を中心に施術

6/4緊急入院の時にエコーで見たら、「逆子」が治っていた

 

もちろん、赤ちゃんもよく動くので自力?で元に戻ったことも可能性としてあるが、鍼治療の効果もあったと思っています!

 

maple-acupun.com

 

入院の報告をメープル先生にすると同時に逆子も元に戻っていることを報告!

メープル先生にはその後、このようなメッセージをもらいました。

 

ここまで、順調にきたのに、最後の最後にきましたね💦も、大丈夫ですよ‼️お腹の赤ちゃんはすごく元気だし、元気すぎて、お母さんのお腹を蹴りすぎて、切迫早産になったのかもです。気持ちは不安だらけで、泣きたくなる感じかしら?花子のことも心配ですよね。でも、もう一度いいます、大丈夫‼️もうここまできたら、とにかく、母子ともに元気に出産を迎えることだけを考えて過ごしてください。異常なほど忙しくなる前に、神様が与えてくれたオアシスの入院期間と思って、のんびり過ごしてください。愚痴りたくなったら、いつでもメッセージくださいね。」(原文ママ

 

ウルウル!(´;ω;`)ウッ…

 

入院となって不安で落ち込んでいたけれど、このメッセージで回復!

 

不妊治療中も、妊娠がわかってからの今日までの日々もメープル先生の施術と言葉にどれだけ救われてきたか! 本当に私のメンター

 

振返るといつもメープル先生と共に乗り越えてきていたと思う!

ありがとうございます!

 

次回診察は来週を予定。おそらくこれが出産前最後の施術になろうかと。。

一人で出かけるのは時期的にもう怖いので、に連れて行ってもらう予定ー。

 

、優しいです!

メープル鍼灸治療院にどうしても行きたい」と伝えたら、午後休取って連れて行ってくれるって!夫も私が「体調的にもメンタル的にも」元気に不妊治療生活、妊婦生活を乗り越えてきているのはメープル先生のおかげ、と思ってくれている!

まだ出産したわけではないけれど、ご挨拶兼ねて一緒にメープル先生に会いに行けるのは嬉しい。

 

そうそう、振返ると言えば、これまで綴っていた「不妊治療の振り返り」、入院騒動でお休みしていたので、再開します!