killarahanakoのブログ

43歳からはじめた不妊治療!47歳で超高齢出産しました!愛犬ハナコのこと、日々の生活を不妊治療当時を振返りながら綴っています。

35wd1 切迫早産での入院 DAY6 ~無事?退院~

入院して6日目を迎えました。

 

今日いよいよ退院!!

嬉しい~ 💛

 

私の入院のお供

 

f:id:killarahanako:20190611090754j:plain

ハローキティ新幹線のマグカップ

 

夫が買ってきてくれたお土産、ハローキティ新幹線のお土産のマグカップ

 

※本当は私も乗りたかった~・・・ 夫、アメリカからの友人夫妻(奥様がハローキティ好き)がGWに日本へやってきたときに一緒にわざわざ、これを乗りに福岡まで品川から新幹線で行ったというエピソード付き。

妊婦の私は、大事を取って家で泣く泣くお留守番だったのでした。 ( ノД`)シクシク…

 

因みに、こんな感じです↓

https://www.jr-hellokittyshinkansen.jp/

 

そして、毎日何度となく使ったベッドの高さ調整リモコン

ようやく慣れて、自分のベスト角度・高さがわかってきたところでお別れ。。

 

f:id:killarahanako:20190611090844j:plain

ベッドのリモコン

6日間、お世話になりました。

 

6:00  起床

 

    前日の夜、退院するうれしさ?からなかなか寝付けず、巡回の看護師さんに

    「眠れませんか?」と聞かれるほど。

    どうせ眠れないからと、電気をつけて過ごしていた。

 

    案の定、朝はぎりぎりまで寝ていた。

 

6:30  赤ちゃんの心拍確認

 

    いつもように看護師さんが心拍確認にやってきた。

    「え?今日退院なんですか?・・・良かったですねぇ」と驚いている様子で、

    聞いてみると、ほとんどの方が出産まで家に帰らず、入院されるとのこと。

    

    確かに、入院しているほうが安心といえば、安心なので入院を希望する人の

    気持ちもよくわかる。

 

    私は、、、本当に家が中途半端で、準備も半端、出産後にその状態で家に帰る

    のがどうしてもいやだったので、医師の診断結果で帰っても問題ない(入院し

    ていなければならない状態でなければ)状態なのであれば、帰りたかったー。

 

    ちょっと駄々をこねた感じかもしれないけれど・・。

 

    「赤ちゃん、朝から元気!」とのことでまたまた安心する。

 

7:30  朝食

 

f:id:killarahanako:20190611084147j:plain

day6 朝食

 

 

    今回最後の朝食、、、ん、、、なかなか渋い、、味がない!

    実際、ふりかけしか味がするものがなく、悲しい気持ちになった。

    こうなったら、お昼、何食べようかな? 

    久しぶりにパンチのきいたご飯が食べたい!

 

    今日、退院するからなのか?日曜日だからなのか?回診はなかった。

 

    ↓

 

9:00  看護師さんがやってきて、今後のスケジュールの流れを説明を受ける。

 

    今日の流れは、これから心拍のモニターをつけて赤ちゃんの状態を確認

    ↓

    モニター後、問題なければ、支度をして退院

    ↓

    退院後のスケジュール

    ①6/13に「帝王切開する方向けの母親学級」へ参加

    ②6/18 妊婦健診後、帝王切開入院について詳細スケジュールを案内される

    

 

    モニター後、OKをもらい、帰り支度をする。

    と言っても、洋服に着替えるのみ。

 

    ↓

10:00   会計も終わり、病院を出る

 

    拍子抜けするくらい、サクッと進んだ。

    日曜日なので、会計は預り金を払っておしまい。(5万円)

    次回診察時に精算だそうです。

 

    夫が迎えに行くと言ってくれたが、病院からタクシーで10分くらいだし、

    荷物もたいしてないので、「大丈夫!」と伝え、タクシーを呼ぶ。

 

    荷物をタクシー乗り場のベンチに置いてタクシーを待っていたら・・。

 

    ギャー (と言っても心の中の叫び。声も出ないくらいビビる)

    なんと・・毛虫が5匹くらい私のカバンの上を這っているではないか!!

    タクシー運転手さんに、毛虫をどかすのを手伝ってもらい、なんとかタクシ

    ーに乗り込む。

 

    虫大嫌い!!!! さすが、郊外の森を切り拓いて建てた病院・・・。

    自然豊かというか、なんというか。

 

    次回、タクシー待ちをする際は、建物の中で待つようにしよう。

 

    ↓

10:20   帰宅

 

    ハナコが玄関まで迎えに来てくれた💛

    もう~会いたかった~!!!!(*´ε`*)チュッチュ

 

    ハナコも夢中で私の顔をぺロペロ!

 

    やっと帰ってきたことを実感する。

    (たかが、6日間?大げさですみません。)

 

    ・・・はぁ~、、やっぱり家は乱れている・・・ (;'∀')

 

    夫に片づけを期待してはいけないけど、案の定の状態。

    帰ってきてよかった。。。。 本当に

 

    目につくものだけ大まかに片づけて、お昼まで横になる。

 

    ↓

 

13:30   昼食を食べに夫と外出

 

    昼から「いきなりステーキ」で今までの味気ないごはんで我慢したご褒美?

    ライスなしなので、カロリーも問題なし

 

    大好きなピオカミルクティーもいただき、満足

 

f:id:killarahanako:20190611093059j:plain

タピオカミルクティー

 

    その足で、ベビーグッズを見に行く。

    

    入院中、準備が。。。と気になっていたので、購入したいベビーベッドやバウ

    ンサー、コンパクトベッドを見に行った。

    ネットで購入予定だが、念のため、手に触って確認!(実は二度目)

    夫も二度目ともあり、購入にOKが出る。

    あとは、家に帰ってポチるだけ!(厳密には、家を片づけてから、、、です)

     ↓

 

15:30   自宅へ

 

    買い物した場所は、家から歩いて15分程度のことろなのだが、、、

    歩くのがしんどい、、なかなか足が前に出ないほど体が重い

 

    雨も降ってきて、泣きそうになる。

 

    見かねた夫が、タクシーで帰るか?ちょっと休憩してから帰るか?

    と聞いてくれ、一旦お茶することにした。

 

    30分少々、休んでから自宅へ。

    なかなか、足が出ないくらいなんだか調子が悪い

    早く家に戻って横になりたい一心で家に向かった。

    入院生活で体がなまってしまったのか??

 

    ↓

 

17:00   家に辿り着く

 

    早速横になる

    ううう・・しんどいー。

 

    ↓

 

19:00     目を覚ます

 

    夫も、ハナコも一緒に寝てしまったようだ。

    

    夕飯の支度をしなくては!

    と、言っても今日は「おさぼり」ごはんで、買ってきたお刺身とお惣菜が

    メイン! ご飯を炊いて、みそ汁、サラダを作るのみ。

 

    ハナコにもご飯を食べさせる。

 

    ↓

 

21:00     さて、夫も起きてきて、夕飯

 

    お昼をがっつりいただいたせいか、なかなかお腹が空かず、遅めの夕飯。

    夕飯食べ始め前に、お手洗いに行ったら・・・・・

 

    ギャー!!!

    (今日二度目の心の中の叫び、今回もびっくりして声が出ない)

 

    大きな血の塊が・・・・それを見て、血の気が引く

    ちょっと調子悪く、お腹も痛いと思っていたので、最悪の事態が頭をよぎる。

 

    トイレの中から夫を呼ぶも、TVを観ている夫には声が届かないようだ。

    

    トイレから一歩でて、廊下の壁を叩き、「お願いサランラップ持ってきて!」

    と夫に叫び、ようやく夫にも異変があったことが伝わる。

 

    「どうしたの?どうしたの?サランラップ?え?どうしたの?

    夫、とりあえず、サランラップをもってきてくれた。

 

     「え?どのくらい必要なの?これくらい?大丈夫?どうしたの?

 

    

    生理の時のレバー状の塊は出たことはあるが、今回、自分史上最大

    入院3日目から出血も止まっていたこともあり、なんで?という思いもあり、

    少しパニックを起こす。

    

    夫に血の塊が出たことを伝え、サランラップももらい、塊を念のため、

    サランラップでくるみ、病院に連絡する。

    血の塊は、実際、500円玉より一回り大きいくらいでした。

    ※読者の方、気持ち悪い話ですみません。。

 

    電話が午前中までいた病院の産科病棟の看護師さんに伝わり、状況を説明、

    やはり、一旦、「荷物(入院用)をまとめて」、来るようにと言われる。

 

    また、「緊急で対応している妊婦さんがいて、急いできてもらっても待つこと

    になる可能性があるから、時間に余裕をもってゆっくり来てください」

    とも言ってもらった。

    

    そのお蔭で、少し落ち着き、テーブルに並べていたごはんが「手つかず

    だったので、そのご飯をとりあえず食べてからタクシーを呼んだ。

 

    荷物は持って帰ってきたときのままの状態で、再度持ち出し。

 

    外は梅雨寒、冷たい雨が降っていた。

 

    ↓

 

21:45  病院到着

 

    内診室にて出血の状態を確認する

    ↓

    持ってきた塊も提出する

    ↓

    赤ちゃんのモニターをする

    ↓

    エコーも確認する

 

    内診したところ、新しい血ではなく、古い血、とのこと。

    赤ちゃんのモニターも問題なし!

    エコーを見ても、赤ちゃんとても元気でよく動いている

    

    「大丈夫です!赤ちゃん元気ですよ!

 

    その言葉に、ホッとした。

    退院後、休んだ後とは言え、3時間ほど外出し、調子に乗ってしまったな。

    これは大いに反省

 

    夫も、今回の件では相当びっくりし、「安静」なんだということを改めて実感

    したようだ。

 

    そもそも、入院のきっかけとなった出血の原因は不明

 

    入院時の診察でも子宮口も開いていないし、破水もしていないので、

    「産徴」ではないと結論が出ていた。

    今晩の内診の結果でも同じく「産徴」ではない。と改めて確認ができた。

 

    ※「産徴」とはお産の始まりの前にみられる、血液の混じったおりもの

    こと。少量出て、ふつう、このあと1〜2日のうちに陣痛が始まります。

    

    参照元は以下;

kotobank.jp

    

    先生曰く・・

    「推測の域ではあるが、もしかしたら、子宮にポリープのようなもの

    があって、子宮が大きく成長してきていることで子宮内が活性化、それが剥離

    したために出血、今日は動いたりして、古いものが下りてきたのかも」

    とのこと。

 

    え?本当ですか? 

 

    そうなのであれば、体の血流を良くしてくれるに早くいきたい!

    メープル鍼灸治療院で治療を受けたい!などと考えていた。

 

    私のメンターでもあるメープル先生に会いたい。。

 

    

maple-acupun.com

 

 

    「推測なので、なんとも言えないですが、、」

 

    ということは?いわゆる「切迫早産」ではなかった、ということですかね?

  

    「まぁ、そういうことになるかもしれませんね」

 

    今後どうしたらよいですか?

 

    「安心のため、このまま入院してもらうのもいいと思いますし、帰宅して、

    しばらく様子を見るでも問題ないと思います。病院として、入院を強く勧める

    という状態ではないので、お決めいただいていいですよ」とのこと。

 

    では、今日はこのまま帰ります

 

    夫は、入院していたほうがいいのでは?と言ってくれたが、赤ちゃんが元気

    なことを確認でき、入院をしなくてはいけない状況ではないのであれば、家に

    いてやりたいことたくさんあるので帰ることにした。

 

    ↓    

  

23:00     帰宅

    

    夫をびっくり&心配させて悪かったが、本当に二人で大いに反省すべき出来事

    でした。

 

    しかし、「退院した日に再入院」なんて漫画みたいなことは避けられて

    本当に良かった!!!!

 

 

ということで、、今日は本当に長い一日だった。

 

退院を喜び、自由な生活を楽しみ、急な不安に襲われ、パニックになり、安心し、と

気持ちの動きが激しい一日だった。。

 

反省すべきは自分の気のゆるみ、妊婦(臨月に近い)であることの自覚が足りませんでした。。。

 

切迫早産でなかった?(結果不明)にせよやっぱり「安静」の身、無理せず、ゆったりと残りのマタニティ生活、過ごします!